松阪牛の出番はどんなとき?

日本人にとって特別な松阪牛。

実際、どういうときに重宝されるのでしょうか?

松阪牛は、主に贈答用ギフトとして使われているのがメインとなっています。

なんといっても、松阪牛は「牛肉の王様」と呼ばれる代物。

普段使いよりかは、贈答用として使われるのも納得できますよね。

贈答用として販売されている松阪牛は、

おもに、「すき焼き用」、「ステーキ用」、「焼肉用」があります。

松阪牛以外の和牛ギフトでもこのような料理別ギフトがよくありますが、

違いはやっぱり値段と味。

松阪牛は他の和牛に比べると、濃厚な風味と柔らかい食感が特徴。

そして霜降りのバランスがバツグン!

食べて美味しい、見ても美しいというのが、松阪牛です。

値段は高いものになると2万円以上はするため、

手軽に贈り物にするには大変ですが、

日ごろからお世話になっている人や、特別思い入れのある人に贈る品としてはぴったりではないかと思います。

また、贈り物以外でも、お正月やお盆など、

親族や知人が集まるイベント時にも松阪牛は重宝します。

ステーキ用を用意するには高価ですが、すき焼き用であれば想像するほど高値ではありません。

100gおよそ2,000~3,000円程度です。

スーパーで売られている牛肉よりかは高いですが、手が出ないほど高価でもありませんよね。

また、最近では、家庭で使える安価な松阪牛も増えています。